家計の救世主になる格安スマホ

img1-1

お子様が中学生や高校生になるとスマートフォンを持つ家庭が一般的になっていますが、家族が多い場合の携帯電話料金は1万5千円以上になる事もおかしくないので、家計負担が大きなテーマとなっています。



最近では大手携帯電話よりも割安に利用する事ができる格安スマホの台頭が進んでおり、大手の通信網を借り受けて通信サービスを行っているケースや、大手のサブブランドとしての位置付けとしてサービスを提供している格安スマホ事業者も登場しています。

格安スマホは、ドコモで使っていた端末の場合はドコモ系のSIMカードを提供する事業者ならすぐに使う事が可能となっていて、不通期間をあまり設けたくない場合はMNP(番号持ち運び制度)手続きを事前に行っておく事がコツと言えます。MNPは発行手数料が3千円程度かかるものの、以前の番号そのままで業者変更が可能なメリットがあります。なお、MNP予約番号は2週間程度の期限が設定されている点にも注意しながら加入手続きを行いましょう。



4人で格安スマホに加入した場合の月額料金(ほとんど通話をしなければ10GBで7千円弱)は、初月は事務手数料・SIMカード発行手数料がかかりますが、翌月からは音声基本料(4回線全て・課金制)・データ使用料(主回線のみかかります)・シェアオプション料(副回線のみ適用)を払う形になります。



それ以外は、格安スマホ事業者加入時に契約した端末代(中古端末利用時は負担なし)・端末補償や付加サービスのオプション利用料が必要な場合もあります。

スマホの関連情報

img2-1

近年の携帯電話料金の高まりによって脚光を集めるようになったのが格安スマホであり、メリットとやや不便に感じる点があるので、契約をする場合は必ず確認をしておく必要があります。格安スマホは、大手通信携帯電話会社(キャリア)と同様に通話と高速データ通信が可能となっていて、新規加入・携帯電話番号持ち運び制度(MNP)による加入が出来ます。...

more

スマホのためになる情報

img3-1

スマートフォンを購入する方法として、一般的には大手携帯電話会社のショップで購入するという方法でした。その理由としては、手続きをその場で行うことが出来るため手間がかからないということや割引キャンペーンなどを利用することで安く契約することが出来たことが考えられます。...

more

スマホの大人の常識

img4-1

格安スマホは、スマートフォンを使う際に安価な料金で提供される通信会社の回線を指します。ほとんどは携帯キャリア会社から回線を借りて運営されているため、回線の設備投資や店舗の開設メンテナンスにかかるコストを抑えられることから料金を安くできると言われています。...

more

知りたいスマホ事情

img5-1

格安スマホを購入した場合、十分なセキュリティ対策を行う必要があります。その理由としては、格安スマホのOSはほとんどがAndroidと呼ばれるものです。...

more
top