アフターピルとカンジダと構造について

毎日飲むのはアフターピルではなく、ホルモン量の少ない低用量ピルの方です。プロゲストーゲンとエストロゲンの女性ホルモンが、少し含まれてる錠剤が低用量ピルであり、卵巣で作られているホルモンと、ほとんど同じ構造になっています。毎日だいたい同じ時間に服用を規則正しく行うことで、女性の避妊を助けることになります。

誤解されがちではありますが性行為の経験が無かったとしましても、カンジダは発生すること、珍しいことではないです。それは常在菌の膣カンジダによって、引き起こるからです。膣カンジダになると性病になったと焦るものですが、実際にはそれは性病ではないです。カンジダが発生して感じる症状といいますのは、おりものの痒みやニオイなどです。

膣カンジダになったら、まるでカッテージチーズみたいななおりものが出るようになるので、それが特徴でもあります。本人が健康体であるならば、特に治療等をすることもなく、放置していてもいつの間にか治ることがあります。ただこの症状は少々厄介なところがあって、一旦発症をしますと繰り返しやすい病気でもあります。

男性でも女性でもなる病気であり、男性の場合は比較的イージーなもので、よく洗い流して菌の除去ができます。しかし女性の場合は体内へと入り込むために、感染しやすいのが困ったところです。

健康がなによりですが体調不良や疲れなどで体内の免疫力が下がりますと、カンジダ発症しやすくなります。疲労感や睡眠不足などの免疫低下時には発生しやすくなりますし、病気で抗生物質を服用していても免疫力が低下するので発生をしやすいです。ホルモンがアンバランスになりやすい、妊婦の時期にも膣カンジダにはなりやすいですので注意をしましょう。