アフターピルを飲んで生理が来たら成功なのか

アフターピルはホルモン剤の一種です。性行為をして妊娠したかもという時に妊娠を避けるために内服するものです。アフターピルは通常性行為の72時間以内に1錠飲むと言われます。しかし時間が微妙だったときなどはそのアフターピルの効果は発揮されるかどうか不安なこともあるのではないでしょうか。またもしかしたら飲んだけれど妊娠した可能性があるのでは?と思う人もいるでしょう。そんなアフターピルの効果を確認するには、生理が来たかどうかで判断することが出来ます。先ずアフターピルを飲んだ場合は、通常早い人で3日位で生理が来ると言います。もしも生理がなかなか来ないなと思ってもそれほど焦らずに様子を見ていてもいいのですが、もしも3週間経過しても生理がこない場合は、妊娠した可能性もあるので、病院にいくべきなのですね。女性は妊娠したかもと心配に思っているときは、たとえ生理のような出血があっても、果たしてこの量は生理なのかどうか不正出血なのかどうかと疑いがちです。通常はアフターピルの後の生理は通常の量であることが一般的です。そのために特別少ないという場合は、生理ではなくただの不正出血である可能性もあるのです。そうすると生理かどうか判断することは難しいですね。また排卵前にアフターピルを飲んだ場合は、通常飲んで3日位で一回生理が来て、排卵後にもう一度通常の生理が来ます。つまり一月に2回生理が来るのですね。しかしアフターピルを飲んだ時期が排卵の後であった場合は、飲んで3日目ではなく、通常の生理予定日頃に生理が来ることもあるのです。この場合は、3日目よりも遅くなる可能性が高いので、知っておくべきことですね。いずれにして内服をして生理が来たら成功ということになります。