市販で販売されてる?アフターピル成功は消退出血で?

パートナーと性行為をする時、多くの人がコンドームを使って避妊をしています。非常に手軽な方法なので人気が高いのですが、実は避妊効果は約8割前後であり、必ずしも効果の高い避妊法だとは言えません。中には知らずに正しい使い方ができていない男性もおり、このような場合は避妊していないのと同じことになってしまいます。もしコンドームが破けていたなどして避妊に失敗した場合は、出来るだけ早くアフターピルを服用すればほぼ確実に避妊することができます。

アフターピルは、72時間以内に服用すればある程度の避妊効果が得られます。24時間以内であれば90%、12時間以内であればほぼ確実な効果を得ることができるので、いかに早く服用するかがポイントとなります。アフターピルを飲んで避妊が成功した場合、3日経ってから消退出血と呼ばれる出血があります。何日目で消退出血があるかは個人差がありますが、ほとんどの人が服用から1週間以内、遅い人でも3週間目までには出血することになります。もし3週間を過ぎても消退出血が見られない場合や、3日経っていないのに出血した場合は避妊に失敗している可能性もあるので、妊娠検査薬などを使って妊娠の有無を確認する必要があります。

万が一の際に役立つアフターピルですが、ドラッグストアなどでは販売していません。ホルモンを含む強力な薬になるため、婦人科の専門医がきちんと診察した上でないと処方することができないのです。このため、必要な場合はすぐに婦人科を探して時間を取り、受診する必要があります。持病や体質によってはアフターピルを使えない人もいるので、友人などにもらったりせず、必ず医師の診察を受けてから使うようにしましょう。