男性が信用出来ないのであればアフターピルのケースを

お守り代わりのアフターピルがはいったケース
避妊というのは男性主導で行われることが多いものですが、女性にとって相手が信用出来ないということは少なくありません。
避妊のことを真剣に考えている男性もいないわけではありませんが、いい加減に考えている男性が多いのもまた事実です。
男性主導で行う避妊としてはコンドームがありますが、これは感度が鈍ってしまったり装着をするのに間が空いてしまうのでそれを嫌ってつけたがらない人は一定数います。
中には膣外に射精をすることによって、避妊とする人もいますがこれは全く避妊効果はなく男性側の自己満足にしか過ぎません。
射精した本人が妊娠をするわけではありませんから、男性というのはどうしても避妊に対する考え方が甘くなってしまうのですがその結果泣きを見るのは女性ということになります。

そのため、相手のことを信用出来ないのであれば性行為をしないということが大切なのですが、それでも雰囲気に流されて性行為をしてしまうようであれば、お守り代わりにアフターピルのはいったケースを持っていると安心です。
理想としては常日頃からピルを飲んでいて、避妊をせずに性行為をしても安全な状況を作っておくのが良いのですが、そこまでするつもりがないというのであれば万が一に備えてアフターピルを所有しているといざというときに対処をすることができます。
アフターピルというものは、性行為の後に避妊をすることができる薬のことであり避妊に失敗をしてから72時間以内に服用をすると避妊をすることができます。
服用は早ければ早いほど避妊効果が高くなるので、信用出来ない男性と性行為をする場合避妊してもらうことが出来ない可能性がありますので、そのような時に備えてアフターピルを持っていれば避妊をしてもらえない時でも妊娠を心配する必要がありません。