避妊の意識が低い男性に軽蔑されてもアフターピルを

アフターピルを使って自衛することを決めるが、軽蔑されるのではと悩む女性男性の中には避妊に対する意識が低く、安易な性行為をする人は少なくありません。
本人が妊娠をするわけではないので、どうしても避妊に対する意識も低いものとなってしまうものですがこのような男性と性行為をするのであれば女性自身が自衛を心がけなければなりません。
必ず避妊をするように要求をしたり、日頃からピルを服用しておくということが効果的なものとなるのですがピルを常用するのはお金がかかりますから人によっては金銭面で厳しいということもあるでしょう。

そこで、そのような場合にはアフターピルを持っておくと万が一の事があっても安心です。
アフターピルというのは性行為の前に飲んでおくものではなく、性行為の後に避妊に失敗してしまった際に飲むことによって妊娠を防ぐことができる薬であり万が一の時に役立つ薬となっています。
女性の体に負担のかかる薬なので、常用をするようなものではないためその点注意が必要ですがいざというときのことを考えて所有をしておくと安心です。

このような薬を持っていると男性から軽蔑をされてしまうかもと不安になる人もいるかも知れませんが、妊娠した時に泣くのは女性なわけですから軽蔑をされることなど気にせずにお守り代わりに持っておくのは大事なことですし、避妊のことで軽蔑をするような男性というのは付き合っている価値がありませんから、そのような男性に軽蔑されるのは悪いことではありません。
また、相手が真剣に避妊について考えてくれる人であっても避妊に失敗をしてしまうということは起こりうることですから、相手を信頼していたとしても失敗をした時のことを考えてアフターピルを持っていれば男女ともに安心して性行為をすることができます。