スーツを選ぶときは使用頻度と目的を明確に

スーツを選ぶときは、その使用頻度、場所、所有できる数など、使用目的を明確にします。流行に左右されないベーシックなデザインの上質なスーツは、ブラウスの下にインナーを着て、パンツの下にきちんと汗や汚れを吸収するももひきやステテコをはけば、何年も、もしくは10年、20年も着続けることができます。しかし、そういったスーツは、真夏の炎天下を歩き回り汗だくになるような営業マンや、たばこや食品の臭いの充満する室内に長時間滞在する店員さんには向きません。そのような使われ方には、ウォッシャブルな材質や、数回洗って捨てられるような値段のものが良いのでしょう。

そこまでハードな使い方ではなくても、毎日着ていかなければならないような会社員はどのようなスーツを選ぶべきなのでしょうか。あまりに安価な製品はしわになりやすく、短期間でくたびれた印象になります。また、サイズも限られていて、体型とあわない、どこか不格好な印象になってしまうかもしれません。高価でなくても、自分の体型とあったサイズと形のあるメーカーの製品を選ぶのがベターな選択でしょう。

それらの複数の色を所有しローテーションして着ることができれば、型崩れなどを抑えることができます。ブラウスやネクタイでアクセントをつけて、毎日新鮮におしゃれを表現することも可能です。もし、複数を所有する予算がなければ、何を優先すべきか選択します。少しでも良いものを1着買ってなるべく長く着る工夫をするのか、安くても清潔な状態のスーツを着ることを優先するのか。

人は案外、服のくたびれ感や飛び出た糸を見ているもの。どのような自分でありたいかで選択してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です