スーツを選ぶ時のコツ

社会人となると、スーツがないというわけにはいかなくなります。ビジネスマンであればユニフォーム同様のものとなります。若い方であれば、就職の際にまとまった数のビジネス用のスーツを揃える必要があると思います。ビジネスの場では、自社の上司や取引先からの見られ方も変化しますので、まずは濃いブルー系やグレー系のものを選ぶのが無難でしょう。

柄もストライプくらいが適当です。最初はそう高くないものでいいと思いますが、必ず自分のサイズに合ったものを選びましょう。余裕ができてからでも構いませんが、しっかり採寸してオーダーして誂えれば、体にフィットしたものが出来上がります。体に合わなかったりしわだらけだったりすると、自分の信用を落とすこともあるくらいです。

普段スーツが必要ない業種の方でも、冠婚葬祭となると必ず必要になります。略礼服が日本で一般的ですので、祝いの席でも葬儀の席でも略礼服は失礼にあたりません。しかし、正式には略礼服は世界的に通用しないものです。ダークスーツとしては許容されますが、婚礼の場に白いネクタイをするのは新郎に限ります。

薄いピンクやブルーのシャツを着る方もいらっしゃいますが、婚礼の場合のシャツは白が基本です。お洒落な方には葬儀用とは別に、婚礼用に少し華やかなスーツを用意することをおすすめします。下にシルバーのベストとシルバータイ、あるいはアスコットタイを合わせるだけでも華やかな感じになります。あくまでも派手になり過ぎず、主賓を祝う気持ちの範囲内で華やかさを演出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です