オフィス移転で一番お金がかかるのは保証金や原状回復工事の費用で、それだけでも莫大な費用がかかってしまいます。マンションに入室するような小規模のオフィス移転だったとしても、敷金礼金などが必要となるため、それを考えたうえで費用を決めておかないといけません。そのほかにも、備品の買い替えなどでもお金がかなりかかってしまいます。せっかくオフィス移転するのだから備品も一新したいという気持ちが社員にも経営者にもあるかもしれませんが、予算に余裕がない場合にはどれかを削る必要があり、保証金などのお金がかかる場合、備品の買い替えは控えた方がいいでしょう。

備品を買い替えるのはオフィス移転後しばらくしてからでもできますし、移転してから色々と出てくるであろう不都合に対応する形の方がいいでしょう。最初に備品を買い替えてしまい、その後問題が起きてもなかなか対応ができず、さらに費用がかかってしまいます。買い替えるのを先送りすれば、こうしたことにもすぐ対応できるので少々の我慢は強いられますが、合理的な選択と言えるでしょう。他にも節約すべき内容としては、引っ越し作業も社員でできることはやるようにしましょう。

特に小規模の場合には社員総出でやった方が安上がりな場合もあります。状況に応じて、社員もオフィス移転に参加し、専門的なことは業者に任せるというケースバイケースによって費用を節約し、余裕が出てきたときに移転の際に削った項目を補うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です